皮脂がベタついたりフケが出やすいなら、まずは頭皮トラブルを改善しましょう。

スポーツで汗する女性

薄毛に悩んでいる人も多くなった現代日本、まずはその原因を自分で分析してみるのも改善への一歩となります。

非常に多くの方が感じている点として、頭皮の皮脂やフケになるでしょう。頭皮にトラブルは一般的に体質的なものもありますが、かなりの部分で食生活や生活習慣に起因することも非常に多いとされているのです。

頭皮の皮脂を改善する場合に、先ず自身の食生活を見直すことは一番の近道と言えるでしょう。

皮脂が多くなったと感じる方は、毎日の肉の摂取が非常に多いかもしれません。脂肪分は体内で消化されますが消化されない場合は血液中に入ったり、毛穴から出て皮脂に変わったりすることも十分にあるでしょう。

そのため、脂肪分の摂取を少なくすることで皮脂は十分にコントロールできることになります。

特に毎日大量に肉を食べる人になりますと、皮脂のリスクは回避しようがありませんのでぜひ摂取量を見直していくことをオススメします。

また、毎日洗髪をしているのにフケが止まらないと言う方も実に多いものです。
この場合はシャンプーの種類とシャンプーの方法に問題があるのかもしれません。つまり、シャンプーが合わないと頭皮が荒れやすくなり、頭皮が剥がれてフケに変わって行くのです。そのため、頭皮が痒くならないような刺激の少ないシャンプーを選ぶことがとても重要となります。

さらに、シャンプー時に頭皮を爪を立てて洗うと、頭皮が更にはがれやすくなってフケを増やす大きな原因となるでしょう。

髪は毎日洗ったほうが良い!?

「髪は毎日洗わない」

「頭は1日置きに洗っている」

という方がいらっしゃいます。

私の知る限りでは年配の方に多いような気がします。

髪を毎日洗うとかゆみが気になるとか、単に面倒だから毎日は洗わないという方など理由は様々だと思います。
地肌が強く、毎日洗わなくても髪や頭皮にトラブルのない方はそれでも良いでしょう。

しかし、薄毛や抜け毛、またはふけやかゆみなど頭皮にトラブルや悩みを抱えているなら、シャンプーは毎日した方が良いでしょう。
頭は、顔より皮脂や油の分泌が多いと言われています。

皮脂は頭皮を守るために適度には必要ですが、多い分は毛根を詰まらせてしまう原因にもなってしまいます。
また、洗わずにかゆみやフケが出てしまうことは、頭皮のトラブルの一因にもなってしまいますから、洗い過ぎは乾燥を招いてしまう反面、洗わないのもトラブルのもとになってしまいます。

顔を毎日洗うように、髪の健康を考えたとき頭皮も清潔に保つことがヘアケアの第一歩と言えるでしょう。

しかし、一般に市販されているシャンプーが頭皮に良くないと言われる理由は、安価なシャンプーに含まれている石油系界面活性剤という洗浄成分です。

「石油系」というだけあって、石油を主原料にしている事からも想像が付くと思いますが、この洗浄成分は洗浄力が強過ぎる為に、髪や頭皮の汚れを取り去るだけでなく、地肌のうるおいを保つ為に必要な皮脂や油分まで取り過ぎてしまうため、特に地肌の弱い方や敏感肌、乾燥肌の方なんかは、頭皮が乾燥してしまい、フケやかゆみが出やすくなってしまいます。

しかし、先にもお伝えしたように頭皮の健康を考えた場合、毛穴が詰まってしまう原因にもなりますから顔や身体と同じように毎日洗ったほうが良いといえます。

そこで、薄毛や抜け毛にお悩みの方はもちろん、フケやかゆみの予防、それに将来のトラブル予防のために地肌の健康を育む頭皮ケアの為のシャンプーとして、「天然由来のアミノ酸系洗浄成分配合」の育毛シャンプーを選ばれる方が今増えています。

アミノ酸系洗浄成分は、弱酸性だからお肌に優しく、それに洗浄力もマイルドなので、頭皮に必要な皮脂や油分は残してくれます、地肌を潤すことがフケやかゆみの予防にも繋がります。

そして、育毛シャンプーにはアミノ酸系洗浄成分だけでなく、頭皮の健康を育む美容成分が配合されていますので、健康な髪を生やす土台である頭皮を健康な状態にする事が発毛力を取り戻す助けとなります。

頭皮は顔よりも皮脂や油の分泌が多いので、毎日洗ったほうが良いですが、洗い過ぎると地肌のバリア機能が低下してトラブルのもととなり兼ねません。

頭皮のことを考えて作られた育毛シャンプーで、毎日の洗髪で地肌を優しくケアしてあげることがヘアケアの第1歩と言えるでしょう。

また、ホコリや汚れは、シャンプー前にシャワーで髪を流しながら優しくブラッシングで予備洗いしてあげることで、
大半は落ちてしまうそうです。
洗う際も爪を立てず、そして頭皮を擦らずに優しくマッサージしてあげるように洗いましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です