女性に多いといわれるびまん性の薄毛とは

びまん性薄毛は女性のAGAとも呼ばれていて、男性の薄毛やハゲの原因である男性型脱毛症(AGA)の女性版で女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれます。
男性ホルモンが原因として起こるのがAGAと言われていてますから、女性には起こらないようにも感じますが、詳しく説明すると「男性ホルモン」が変異したDHTと呼ばれる細胞が受容体と反応することによってAGAはおこります。

FAGAも男性同様の現象が女性にもおき、薄毛やハゲを引き起こしています。
実は、女性にも男性ホルモンが体内にあるのです。
しかし、女性の場合、男性のようなハゲ方や薄毛にはなりません。それは女性ホルモンの働きがあるからです。

女性ホルモンのエストロゲンは毛髪を育てる働きがあり、ハゲを進行させてしまう男性ホルモンの働きを弱めてくれます。
なので、進行が緩やかでハゲというよりも全体的に薄くなるという現象でとどまる確率が高いといえます。

ただ、体質的に男性ホルモンの分泌が濃い方や何らかの理由で男性ホルモンの分泌が多くなったりしてしまうと、頭頂部と髪の生え際など局所的なハゲが進行する可能性もあります。
また、男性ホルモンの濃度も女性の体内では薄いので髪の毛への影響も少ないと言われています。
女性ホルモンは加齢や過度のダイエットやストレスで減少してしまう可能性が高いのでびまん性薄毛を防ぐためには女性ホルモンを増やしてくれる大豆製品などを積極的に摂取したり、正しいシャンプーの方法でヘアケアを行い、普段からお手入れをするようにしましょう。

頭皮はうるおっている状態が理想的で、年齢を重ねどんどん乾燥しやすくなります。
シャンプーでうるおいを奪い過ぎていると、頭皮の乾燥は少しずつ悪化して頭皮が固くなったりフケが出たりトラブルの原因になります。

最近では女性用の育毛シャンプーも沢山種類がありますので、女性用の育毛シャンプーでうるおいを与えて頭皮を若々しく元気に保つ事が太くて抜けにくい髪を生やす事にも繋がるでしょう。

女性用の育毛シャンプーの選び方を知るならこちらのサイトも参考になるでしょう。
女性の育毛シャンプーランキング!女性の薄毛・抜け毛対策におすすめ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です