脂漏性の頭皮が薄毛や抜け毛の原因になる事も

驚く人

男女ともに薄毛や抜け毛に悩む時代となりまして、性別ごとに対策グッズが販売されるようになって来ました。

しかし、一般的にはまだまだ男性の薄毛などが問題になりがちでして、その大きな原因として脂漏性頭皮が大きく関わっているとされます。

つまり、頭皮が油っぽくなりますと薄毛や抜け毛のリスクが非常に高まって行くと言う分けです。

このメカニズムは一体どうなっているのかというと、脂質が毛穴から頭皮に出ますとだんだんヌルヌルしてくるのは理解できるでしょう。この状態を毎日シャンプーでキレイにして行けば、基本的に毛髪にとっては大きな問題では無くなるのです。

しかし、この脂質が洗髪されない状況で放置されていると頭皮上の脂質はもちろん毛穴の中に溜まっている脂質が次第に固まってきます。固まってしまった後に洗髪をした場合、脂質が落とされる時に髪の毛の根元からごっそり一緒に抜いてしまうことでしょう。

そのため、脂漏性の頭皮を持つ方は必ず毎日洗髪をしないと薄毛や抜け毛が悪化して行くことになります。毎日の頭皮の脂質が酷いと感じている方であれば、朝と夜合計二回シャンプーを進めても構いません。

男性は基本的に加齢とともに60歳くらいまでは脂質が増える傾向にありまして、この脂質の量は個人差が極めて大きいので対策も各個人で異なるものを採って行かなければいけないのです。

また、シャンプー前にブラッシングをすると効率的に毛穴の中の脂質が浮き上がって来て洗髪しやすくなります。

頭皮がベタベタする方はこちらもご覧下さい
皮脂がベタついたりフケが出やすいなら、まずは頭皮トラブルを改善しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です